FC2ブログ

船旅のささやかな愉しみ⑦

2019.3

 撮影しながら勃起したペニスを妻の口に押し込む。妻の舌先は、亀頭、裏筋を丹念になぞる。「チ●ポ、おいしい?」と聞くと、咥えたまま小さく頷く。船室の外は、寝る準備を始めた人々の足音。
(PHOTO 2019.3)

2019.3

スポンサーサイト
[PR]

船旅のささやかな愉しみ⑥

2019.3

船室に戻る。隣室からは早寝のいびきが。薄い壁一枚隔てて、船旅のささやかな愉しみ第2弾の開始。
(PHOTO 2019.3)

2019.3

2019.3

2019.3

船旅のささやかな愉しみ⑤

RIMG0714-1.jpg

春の夕暮れを船上で迎える。3年ぶりの夫婦だけの船旅。遠くに住む息子の引越しの加勢に出かけるのだ。食事を終え、デッキで潮風に身を晒す。長い夜をどのように過ごすかは妻も承知。タイトなワンピースにそして下着もすべて着替えさせ、スナップ写真を撮るふりをしながら、チラリと露出を愉しむ。
(PHOTO 2019.3)

RIMG0715-1.jpg

RIMG0721-1.jpg

RIMG0729-1.jpg

RIMG0732-1.jpg

東屋4

2014.8

四つん這いで尻を突き出す。無防備な下半身、割れ目からハミ出た陰唇。白昼の東屋で行われる非日常。
(PHOTO 2014.8)

2014.8

2014.8

東屋3

2014.8

 下着を脱がせる。日中の野外で見る女体の生々しさ。東屋のすぐ下には、交通量の多い大きな道路。私は下半身を勃起させながら無心にシャッターを切る。後日、東屋が道路からしっかり見えることを確認。何をしているか、きっと通り過ぎる車から見えていたはずだが。
(PHOTO 2014.8)

2014.8